Copyright © GALLERY HIRAMINE TOKYO. All Rights Reserved.

宮崎 勇次郎 “海、空、河童”

2015.01.09 (金) - 02.01 (日)

13:00 - 18:00

開廊 金・土・日/休廊 月〜木

オープニングレセプション

2015.01.10 (土) 18:00 - 20:00

 Exhibitions  Projects  About  Access  Links

GALLERY HIRAMINE TOKYO では、2015年1月9日より宮崎勇次郎のペインティング作品と立体作品による個展「海、空、河童」を開催致します。


宮崎勇次郎は1977年大分県生まれ。2001年に東京造形大学美術 I 類を卒業しました。2005年の「トーキョーワンダーウォール公募2005」トーキョーワンダーウォール大賞を皮切りに、 2007年「VOCA展2007」、2009年「neoneo展 Part1[男子]ーネオネオ・ボーイズは草食系?」高橋コレクション展と、着実にその実力を発揮してきている現代美術作家です。

宮崎は実家が銭湯を営んでおり、壁に描かれた背景画のペンキ絵がとても身近なものでした。実際に銭湯の背景師に師事し、その手ほどきを受けた経験があります。

今回の展示のキーワードである「海、空、河童」。

河童は、GALLERY HIRAMINE TOKYO の母体となるGALLERY HIRAMINE(鹿児島)に常設展示している平嶺時彦の作品とも通ずるモチーフです。また、彩度の高い画面構成やデフォルメされた生き物など、醸し出される雰囲気にも通じるものを感じます。平嶺時彦の作品に宮崎がインスパイアされたこともあり今回、鹿児島県甑島→東京都府中で巡回展をする運びとなりました。

宮崎はその時々に感じる事柄をモンタージュ的に絵画に構成します。未曾有の震災から3年、いまだ見つからない2000名余の行方不明者。画面に現れる、水神である河童や青い海と空には宮崎の祈りや願いが込められているようです。

宮崎の、迷い込んだらいつまでも視線が画面を散策し続けてしまうような不思議な絵画空間を是非ご高覧下さい。